青森のニュース

青森県内の男子高校生が1月に自殺 遺族、いじめの存在訴える

 青森県野辺地町の私立八戸学院野辺地西高は1日、今年1月に2年の男子生徒=当時(17)=が自宅で自殺していたと明らかにした。遺族はいじめが原因になった可能性を主張しているという。学校側はいじめを確認できておらず、設置した第三者委員会が来年1月までに最終報告書をまとめる方針。
 同校などによると、1月16日朝、自室で首をつって死亡している生徒を母親が発見した。遺書は見つからなかった。全校生徒と教職員計約260人を対象にした学校側の調査では、いじめと認められる回答は得られなかった。
 遺族は「死ね」と書かれた紙が見つかったことや、帰宅時に顔にあざがあったとして再調査を要望。学校側はそれぞれの事案について、生徒間の冗談の範囲内であることや、事実関係を確認できなかったとしている。亡くなった生徒から学校側へのいじめの相談もなかったという。
 学校側は遺族の求めに応じ、有識者4人による第三者委を8月に設置した。設置は公表しておらず、同校を運営する学校法人光星学院(八戸市)の古川聡常務理事は「第三者委から聞き取りを受けている生徒の心のケアに配慮した」と説明した。
 八戸学院野辺地西高の橋場保人校長は「自殺を食い止められなかったのは痛恨の極み。第三者委の最終報告を待ちたい」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2019年10月02日水曜日


先頭に戻る