広域のニュース

「えきねっと」不具合 JR東日本など 予約切符発券できず

JR仙台駅でも発券トラブルを知らせる案内があった=1日午前9時5分ごろ

 JR東日本は1日、同社のインターネット予約サービス「えきねっと」で同日早朝から不具合が生じ、全国の駅に設置している指定席券売機で予約していた切符が発券できなくなったと明らかにした。不具合は正午すぎに復旧したがJR西日本やJR北海道と共同運行する北陸新幹線、北海道新幹線の駅でも同じ不具合が起きた。
 JR東によると、えきねっとの約1180万人(8月末時点)の会員のうち、1日午前10時時点で、事前に切符を予約していたのは約2万9千人。システムの定期的な更新の際にソフトウエアに不具合があった。消費税増税に伴うシステム変更とは無関係という。
 システム変更のため、9月30日は午後11時半ごろから全ての指定席券売機の稼働を停止。1日午前5時半に各駅で再起動した際に不具合が起きた。事前予約以外の切符購入に不具合は確認されていないという。
 仙台市青葉区のJR仙台駅では係員が利用客を窓口に誘導した。順番待ちの行列ができたが、大きな混乱はなかった。
 出張で青森市に向かう仙台市宮城野区の会社員福田高行さん(47)は「ニュースで知って早めに来た。いつも通りの時間なら間に合わないところだった」と、ほっとした様子で改札に向かった。


関連ページ: 広域 社会

2019年10月02日水曜日


先頭に戻る