宮城のニュース

女川2号機の合格証 点検作業「ピークは11月」 規制委員長

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は2日の定例記者会見で、実質的な審査を終えた東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の合格証に当たる審査書案の点検作業について「ピークは11月かなと思っている」と述べた。合格の時期は、現時点で見通しを持っていないという認識を示した。
 審査書案は、実務に当たった審査チームが作成し、規制委が了承すれば合格となる。更田氏は「審査書案そのものに触れるのは、今月の半ば以降だろう」と説明した。
 更田氏は、東日本大震災での被災、地下水の制御方法といった2号機固有の特徴を挙げた。その上で「審査書案をしっかり吟味確認して、また論点が浮上することもあるし、改めて審査会合が必要になるケースもある」として、慎重に進める考えを強調した。


2019年10月03日木曜日


先頭に戻る