宮城のニュース

ポケモン「ラプラス」マンホール 気仙沼内湾地区に登場

設置された「ラプラス」が描かれたマンホール

 宮城県と人気ゲーム「ポケットモンスター」が共同で展開する観光キャンペーン「ラプラス プラス 宮城巡り」の一環で、気仙沼市南町海岸に3日、ポケモンに登場するキャラクター「ラプラス」をあしらったマンホールが設置された。
 マンホールは直径約60センチ、重さ約30キロ。ゲームソフト制作・販売会社「ポケモン」が市に寄贈した。同社が気仙沼市に隣接する岩手県の応援モンスターに定める「イシツブテ」と、ラプラスが握手する姿をデザインした。マンホールは今月中に気仙沼市を含む沿岸15市町に設置される。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月03日木曜日


先頭に戻る