宮城のニュース

高濃度の消毒薬が川に流出、魚死ぬ 岩沼

 宮城県と仙台河川国道事務所は3日、岩沼市のタイヤ工場から五間堀川に高濃度の消毒液が流出し、魚数十匹が死んだと発表した。
 県によると、2日午後3時半ごろ、魚が死んでいるのを通行人が見つけ、市に通報。調査の結果、トーヨータイヤ仙台工場でボイラー冷却水の滅菌に使用している次亜塩素酸ソーダ約250リットルが高濃度のまま流れ出ていた。
 トーヨータイヤと県などが流出の原因や環境への影響を調べている。同社は「心からおわびしたい。速やかに原因を特定し、再発防止に努める」と謝罪した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月03日木曜日


先頭に戻る