岩手のニュース

大船渡高の佐々木投手がプロ志望表明「まずは日本で」

プロ野球志望表明の記者会見をする大船渡高の佐々木=2日午後、大船渡市

 高校野球で史上最速の163キロを記録した「令和の怪物」岩手・大船渡の佐々木朗希投手(17)は2日、大船渡市のリアスホールで記者会見し、プロ野球志望届を提出したと表明した。
 東日本大震災で大きな被害を受けた陸前高田市の出身で「今まで被災地の人たちの応援が励みになった。地元の期待に応えたい」と決意。「レベルが高いところでプレーしたいと思った。12球団どこに行っても頑張りたい」と話した。
 17日のドラフト会議では、既に1位指名を明言している日本ハムを含めて複数球団の指名が予想される。米大リーグの球団も注目していたが「今は大リーグは考えられない。まずは日本で、と思った」と語った。
 佐々木は4月の高校日本代表候補合宿で163キロを計測。甲子園大会出場が期待された今夏の岩手大会決勝は、監督判断で登板機会のないままチームが敗れて論議を呼んだ。
 大船渡高で3日以降、プロ球団と順次面談する。


2019年10月03日木曜日


先頭に戻る