宮城のニュース

保険見直しをロボが助言 七十七銀が新サービス 東北の地銀で初

 七十七銀行がパソコンやスマートフォンで質問に答えることで保険の見直しや想定ができる「保険ロボアドバイザー」のサービスを始めた。東北の地方銀行では初めての導入という。
 年齢や職業、月収、預金額、家族構成などの項目を入力すると、蓄積されたデータを基に必要な保障額や概算保険料が算出される。「医療・入院」「家族の生活」など備えたい事柄ごとに希望を回答すれば、より詳しい想定ができる。
 七十七銀のウェブサイトも案内し、扱う保険商品を確認したり、仙台市内に2カ所ある同行の「ほけんプラザ」での相談を予約したりできるようにした。
 金融情報事業のミンカブ・ジ・インフォノイド(東京)が運営するサービスを活用する。七十七銀営業開発課は「窓口での待ち時間にも気軽に入力してもらえる。顧客との関係づくりや潜在ニーズの掘り起こしに役立てたい」としている。


関連ページ: 宮城 経済

2019年10月05日土曜日


先頭に戻る