福島のニュース

<とうほくドローンeye>四季散策編 尾瀬 湿原の草紅葉 秋光浴びて池塘輝き

 朝早く湿原のどこからか、リコーダーの音が聞こえてくる。山小屋で働く人が奏でる、映画『もののけ姫』のテーマ曲だった。
 人里離れた高層湿原、尾瀬ではもう木々が色づき始めている。湿原を覆う草花は一足早く衣替え。柔らかな日差しを浴びて黄金色の光を放つ。
 今が旬の草紅葉を楽しもうと、相模原市に住む会社員江川以久代さん(56)が友人と2人で訪れていた。「池塘(ちとう)に浮かぶヒツジ草もちょうど色づき、本当に絵のような景色です」
 沼尻平の湿原を空から見渡すと、池塘が自由気ままな形を描いている。風がやんで水面(みなも)が鏡のように静まると、池塘は底までくっきり透き通り、ヒツジ草のピンクを際立たせる。
 夏が過ぎ、はかない秋になっても、尾瀬は鮮やかに思い出を残す。尾瀬沼ビジターセンターによると、今月末にはもう冬の装いになるという。
(写真部・庄子徳通、小林一成)

▽動画ページはこちら
https://www.kahoku.co.jp/movie/


関連ページ: 福島 社会

2019年10月05日土曜日


先頭に戻る