宮城のニュース

クラシックカー華やか 復興支援イベント120台、仙台出発

多くのクラシックカーが沿岸部に出発した

 クラシックカーやスポーツカーで宮城県沿岸部などを走る復興支援イベント「Go!Go!ラリーin東北」(実行委員会主催)が5日あり、全国から集まった名車が仙台市青葉区の青葉山交流広場を華々しく出発した。
 ラリーには、愛好家が持ち寄った1970年代以前に製造されたポルシェやアルファロメオなど約120台が参加。1台ずつスタートし、宮城県石巻市の牡鹿半島や宮城県女川町を目指した。発起人となった俳優でクラシックカー愛好家の唐沢寿明さんも一緒に出発した。
 相模原市の会社会長比嘉成夫さん(60)は58年型のポルシェで参加。「被災地をはじめ、沿道の方々には笑顔で手を振って交流を楽しみたい」と語った。
 一行は6日、蔵王町をツーリングする。青葉山交流広場では同日まで、クラシックカーなど年代物で希少価値の高い約50台を展示している。


2019年10月06日日曜日


先頭に戻る