宮城のニュース

はらこ飯に行列 宮城・亘理で水産まつり

はらこ飯を受け取る来場者

 宮城県亘理町の荒浜漁港で水揚げされた海産物や郷土料理はらこ飯の試食、販売をする水産まつり(町観光協会主催)が5日、同町荒浜のわたり温泉鳥の海駐車場であり、大勢の来場者でにぎわった。
 はらこ飯の試食コーナーには、町内の11店舗と町食生活改善推進協議会が計2000食を提供。長い行列ができた。イシガレイやヒラメなどの「ミニ競り」も人気を集めた。
 仙台市太白区から家族4人で来た男性(45)は「はらこ飯を目当てに初めて来た。店によって味が違うので食べ比べを楽しめる」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月06日日曜日


先頭に戻る