宮城のニュース

いがらしみきおさん マイナビ仙台の市瀬選手を4こま漫画に

市瀬選手を描いた「わたしがナナ」の連載開始のPR画像(ベガルタ仙台提供)

 仙台市在住の漫画家いがらしみきおさん(64)=宮城県加美町出身=がサッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)のDF市瀬菜々選手(22)を主人公に描いた4こま漫画「わたしがナナ」の連載が7日、ベガルタ仙台(仙台市)の公式ホームページで始まった。
 「ぼのぼの」で知られるいがらしさんが市瀬選手のファンだった縁で、クラブの依頼を快諾。いがらしさんが市瀬選手に取材し、人柄やエピソードなどを優しいタッチで描いている。
 市瀬選手は徳島県出身で、常盤木学園高から2016年、仙台加入。今年6、7月の女子ワールドカップ(W杯)フランス大会に日本代表として活躍した。現在は右膝内側の靱(じん)帯(たい)損傷などで長期離脱している。
 連載は月2回程度、不定期で更新する予定。


2019年10月07日月曜日


先頭に戻る