宮城のニュース

色づく秋 甘露たわわ 二十四節気「寒露」

たわわに実り、だいだい色に染まった柿=8日午前11時10分ごろ、仙台市青葉区上愛子

 8日は二十四節気の「寒露」。秋が深まり、朝露が冷たく感じられるころとされる。宮城県内は昨夜から雨や曇りとなり、前線に向かって吹き込む南西の風の影響で比較的暖かい朝を迎えた。
 仙台管区気象台によると、各地の最低気温は仙台16.2度、宮城県女川町江ノ島18.1度、名取16.3度、栗原市築館15.2度など。平年より3.2〜5.4度高く、9月中旬から下旬並みだった。
 仙台市青葉区上愛子では民家に植えられた柿がだいだいに色づき、季節の移ろいを伝えていた。
 9日の宮城県は、高気圧に覆われて晴れる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月08日火曜日


先頭に戻る