広域のニュース

西村官房副長官、菅氏の代行で定例会見 北朝鮮漁船に「毅然と対応」

 9月の内閣改造で官房副長官に起用された西村明宏氏(衆院宮城3区)が8日、菅義偉官房長官に代わって首相官邸での定例記者会見に初めて臨んだ。
 質問が集中したのは、能登半島沖で7日に起きた北朝鮮漁船と水産庁の漁業取締船との衝突事故。北朝鮮への政府の対応を尋ねられ「中国・北京の外交ルートを通じて北朝鮮に抗議した。今後も違法操業については毅然(きぜん)と対応する」と述べた。
 菅氏が参院本会議に出席したため代役を務めた。官邸では平日の午前と午後に1回ずつ、官房長官の定例記者会見がある。長官が対応できない場合は副長官が質問に答える。


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年10月09日水曜日


先頭に戻る