宮城のニュース

学生デザイン「ラベルに酔って」 みやぎ生協、ワイン3種限定販売

ワイン3種類のラベルに学生のデザインが採用された

 みやぎ生協(仙台市)は10日、学生を対象に実施した「オリジナルワインのラベルデザインコンペティション」の受賞作品を採用したワイン3種類を宮城、福島両県の全61店舗で発売する。
 蒼龍葡萄( ぶどう )酒(山梨県甲州市)が今秋醸造したデラウェア(1265円)あじろん甘口(1518円)ヴィンテージルージュ辛口(1265円)を、限定計2700本販売する。
 デラウェアのデザインを担当した東北芸術工科大2年山本千夏さん(20)=宮城県七ケ浜町=は「自由な発想で創作したので、採用されて驚いた。デザインを楽しみながらワインを味わってほしい」と話した。
 あじろん甘口は東北生活文化大高2年佐々木愛海さん(16)=仙台市泉区=、ヴィンテージルージュ辛口は同高2年山口舞さん(16)=宮城野区=の作品がそれぞれ選ばれた。
 コンペは2010年に始まり、10回目。今年は「新しい時代」をテーマに設定し、宮城、山形両県の3大学、2高校の学生から計48作品の応募があった。


関連ページ: 宮城 経済

2019年10月10日木曜日


先頭に戻る