岩手のニュース

キオクシア北上工場完成 半導体2ヵ所目拠点、20年量産開始

完成したキオクシア北上工場の建屋

 北上市に半導体大手キオクシア(旧東芝メモリ、東京)の北上工場建屋が完成して10日、現地で式典があった。製造装置の搬入を進め、四日市工場(三重県四日市)に続く2カ所目の生産拠点として2020年の量産開始を目指す。
 式典で現地子会社キオクシア岩手(北上市)の米倉明道社長は「最新のデバイスを岩手から世界に届けるのは大きな喜び。地域経済と連携し、地元で愛される企業を目指したい」と述べた。
 北上工場はスマートフォンやデータセンター、自動運転で需要が見込まれる記憶媒体「3次元NAND型フラッシュメモリー」の製造を担う。人工知能を活用し、生産性を向上させる仕組みを採用する。
 製造棟は鉄骨5階で延べ床面積は20万平方メートル。1棟当たりの規模は半導体工場として国内最大級となる。製造装置を含めた投資額は約1兆円。
 工場はキオクシア岩手が運営し、一部の区画で生産ラインの試験運転が始まっている。既に約800人が働いており、フル稼働時の従業員は約1000人に達する。


関連ページ: 岩手 経済

2019年10月11日金曜日


先頭に戻る