広域のニュース

庄内・新潟を食で知って DCスタートで関連行事続々展開

新観光列車「海里」を迎える庄内地方の観光関係者ら=JR酒田駅

 JRグループなどによる大型観光宣伝「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」が今月始まり、山形県庄内地方でも12月31日まで多様な関連行事を展開する。「日本海美食旅」をキャッチフレーズに、食で地域を知る旅を提案する。
 5日にJR酒田駅であったオープニングセレモニーでは、DCに合わせてJR東日本が投入した観光列車「海里(かいり)」の初運行を、庄内地方の観光関係者が出迎えた。
 DC期間中に庄内地方で行われる主なイベントは表の通り。
 鶴岡市は日本唯一の国連教育科学文化機関(ユネスコ)認定の食文化創造都市で、酒田市は地域色を生かしたフランス料理の伝統で知られる。DCでは旅行者に精進料理や日本酒を含めた庄内地方の多様な食文化を温泉などとともに体験してもらう。
 DC対象エリアの新潟県と山形県庄内地方は6月の新潟・山形地震で被災した。国土交通省が観光支援策として両県のホテルや旅館などの宿泊者1人当たり3000円を割り引く補助事業を続けている。


関連ページ: 広域 社会

2019年10月12日土曜日


先頭に戻る