宮城のニュース

女性や子どもの犯罪被害防止へ、防犯協会会員らが出動式 角田署

出動するパトカーを見送るtaeさんとご当地キャラクターたち

 角田署で11日、全国地域安全運動の角田・丸森地区出動式があり、管内の防犯協会会員や少年補導員ら計約80人が安心のまちづくりへ気持ちを新たにした。
 佐藤淳署長があいさつで「犯罪を防ぐために最も大切なことは地域住民の連携」と述べ、重点目標として特殊詐欺の被害防止や、女性や子どもを犯罪から守ることなどを挙げた。
 管内のご当地キャラクターも出席。角田スタンプ会の「ガブリくん」、丸森町商工会の「しょこ丸」が愛嬌(あいきょう)を振りまき、出席者を激励した。
 式の後、管内の防犯広報大使を務める丸森町のシンガー・ソングライターtaeさんらがスーパーに出向き、チラシや菓子などを買い物客に配りながら防犯を呼び掛けた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月13日日曜日


先頭に戻る