宮城のニュース

名取川河口で発見 男性遺体の特徴を公表

 宮城県警災害警備本部は16日、台風19号通過後の14日午前に仙台市若林区藤塚の名取川河口で発見された身元不明の遺体の特徴を発表した。
 県警によると、遺体は男性で身長約175センチの中肉。30代前後とみられる。ジーンズと、えんじ色の27センチの靴を身に着けていた。死因は溺死。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月16日水曜日


先頭に戻る