福島のニュース

東北中央道の相馬山上−霊山IC 上下線通行止め解除

東北中央道の通行止め規制解除で車両の往来が戻った=16日午後5時ごろ、伊達市霊山町の霊山IC

 台風19号の影響で、12日に通行止めとなっていた東北中央自動車道相馬山上(相馬市)−霊山インターチェンジ(伊達市、IC)間の上下線が16日夕、規制解除された。
 東日本大震災の復興支援道路として整備が進んだ両IC間は今回の大雨で、のり面の崩落など9カ所で被害が確認された。同日午後4時に通行止めが解除されると、相馬方面に向かう車両が次々に霊山ICに進入した。
 同ICに隣接する道の駅「伊達の郷りょうぜん」は、東北中央道の通行止めによって利用客が激減し、迂回(うかい)路の案内にも追われた。渡辺裕太販売主任は「明日から客足も回復するだろう」と期待した。
 両IC間に並行して走る国道115号も12日から通行止め規制が続き、これまでは114号などを大きく迂回するしかなかった。


関連ページ: 福島 社会

2019年10月17日木曜日


先頭に戻る