広域のニュース

東北選出議員「激甚災害指定早期に」 参院予算委で被災者の生活環境改善求める

 台風19号の甚大な被害に関し、東北関係の参院議員が16日の参院予算委員会で、激甚災害への早期指定や被災者の生活環境の改善をただした。
 国民民主党の増子輝彦氏(福島選挙区)は地方の財政負担が軽くなる激甚災害について「指定時期が明確になれば、自治体や住民は安心して復旧復興に取り組める」と要望した。
 安倍晋三首相は激甚災害指定の方針を改めて示し「被災自治体が全力で復旧対策に取り組めるようにする」と理解を求めた。指定時期には触れなかった。
 喜多方市出身で共産党の岩渕友氏(比例)は福島県での視察を踏まえ「いわき市の避難所では高齢者が毛布1枚で寝ていた」と指摘。生活環境の改善を急ぐよう求めた。


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年10月17日木曜日


先頭に戻る