宮城のニュース

宮城県内、100ミリの大雨も 土砂災害に警戒呼び掛け

 仙台管区気象台は18日、前線や低気圧の影響により、宮城県内で同日夜から19日にかけて大雨となる恐れがあるとして、河川の増水や氾濫などに警戒するよう呼び掛けた。台風19号の被災地では地盤が緩み、通常より少ない雨量で土砂災害が発生する可能性があるとしている。
 気象台によると、18日正午からの24時間予想降水量は宮城県内で100ミリ。台風19号の影響で、70〜50ミリ程度の雨で土砂災害が発生する恐れがある。19日午前6時から午後3時までは1時間当たり最大30ミリの激しい雨が予想され、特に警戒が必要な時間帯になるという。
 台風で堤防が損傷を受けたり、河川に土砂が堆積したりした地域では、洪水の危険度が高い状況にある。
 仙台管区気象台と東北地方整備局は18日午前、記者会見を開き、気象台の橋本竜主任予報官が「台風後初めてのまとまった雨になる。増水している河川や用水路、崖などには近づかないでほしい」と注意を呼び掛けた。
 整備局は宮城県大郷町粕川の吉田川と、須賀川市浜尾の阿武隈川で堤防が決壊した箇所について、元の高さと同じ仮堤防を、18日中に完成させる方針を明らかにした。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月18日金曜日


先頭に戻る