宮城のニュース

<秋季東北高校野球>仙台育英が優勝

仙台育英―鶴岡東 1回裏仙台育英2死二塁、笹倉の中前打で二走入江が生還。2−0とする。捕手北原

 ▽決勝

鶴岡東(山形) 000160100−8
仙台育英(宮城)21010124×−11

 秋季東北地区高校野球大会は18日、盛岡市の岩手県営球場で決勝があり、仙台育英(宮城第1)が鶴岡東(山形第1)を11−8で破って3年ぶり10度目の優勝を飾り、来春の選抜大会(甲子園)の出場を確実にした。
 仙台育英は3点を追う七回、佐々木の2点本塁打で1点差まで迫ると、八回は笹倉の左前適時打で同点に。さらに佐々木が左前に適時打を放って勝ち越し、向坂の左前2点打で突き放した。
 投げては向坂が九回をゼロに抑え、激しい打撃戦を制した。


2019年10月18日金曜日


先頭に戻る