広域のニュース

阿武隈川流域の浸水おおむね解消 吉田川流域では排水作業続く

 東北地方整備局は18日、台風19号による増水で発生した宮城、福島両県の阿武隈川流域の浸水が、おおむね解消したと発表した。同局は、大崎市の吉田川流域での排水作業を進めている。
 整備局によると、同日早朝に角田市江尻地区での排水作業が完了した。同地区では農業用の排水機場が浸水で止まり、排水ポンプ車3台を投入していた。
 宮城県内では岩沼市、亘理町などで自然排水が進み、角田市での作業完了によって、阿武隈川下流域での浸水がほぼなくなった。福島県内の上流域の浸水は17日までにほぼ解消された。
 宮城県の吉田川流域では、大崎市鹿島台地区の約1200ヘクタールが浸水したままになっており、整備局はポンプ車約20台を現地で稼働させ、数日中の浸水解消を目指している。
 整備局によると、13日の調査時点の浸水面積は、阿武隈川上流域で約3400ヘクタール、同下流域で約9200ヘクタール、吉田川流域で約5700ヘクタール。


関連ページ: 広域 社会

2019年10月18日金曜日


先頭に戻る