岩手のニュース

台風19号で被災の三陸鉄道 義援金受け付け開始

 台風19号で被災し、区間運休が続く第三セクターの三陸鉄道(宮古市)は18日までに、全線での運転再開に向けて義援金の受け付けを始めた。三鉄によると、全国から寄付の申し出が相次いだのを受けた対応という。
 振込先は岩手銀行宮古中央支店の口座番号「普通2105683」、口座名義「三陸鉄道株式会社代表取締役社長中村一郎」。本社宛ての現金書留も受け付ける。
 盛−久慈間を結ぶリアス線は各所で盛り土の流出や土砂の流入が確認され、釜石−宮古間と田老−久慈間で運休が続いている。18日現在の被害は77カ所と当初の63カ所から増えており、早期復旧を目指していた田老−田野畑間の運転再開も遅れる見通しだ。


関連ページ: 岩手 社会

2019年10月19日土曜日


先頭に戻る