宮城のニュース

宮城県議選 15選挙区で期日前投票始まる 浸水被害の宮城野区役所、隣接地に投票所変更

 宮城県議選(27日投開票)の期日前投票が19日、選挙戦に入った15選挙区(20市区町)で始まった。投票日前日の26日まで計62カ所に期日前投票所が設置される。
 各市区町選管は役所、支所などに投票所を開設している。19日に投票が可能になったのは計48カ所。期間限定で大型商業施設や高校に特設の投票所を設ける場合もある。
 仙台市の宮城野区選管は台風19号の豪雨で区役所の電気設備が使えないため、区役所4階から隣接する同区文化センター2階ロビーに投票所を変更した。
 前回2015年の県議選では、有権者の1割に当たる16万4355人が期日前投票を利用し、過去最高を記録した。


2019年10月20日日曜日


先頭に戻る