福島のニュース

郡山市で青酸ソーダまた流出 浸水した別の工場から

シアン化ナトリウムを含む廃液が流出したサンビックスの工場=19日午後

 福島県郡山市は19日、台風19号に伴う阿武隈川氾濫で浸水したメッキ工場から、毒物のシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)が流れ出たと発表した。
 工場は同市富久山町福原の「サンビックス」。市によると、18日午後9時すぎに工場建屋の基礎コンクリートの亀裂数カ所からシアン化ナトリウムを含む廃液が染み出ているのが確認された。流出先の側溝から排水基準(1リットル当たり0.5ミリグラム)の156倍のシアン化合物が検出された。
 同社は工場床下の廃液槽や流出先の側溝から廃液を回収。土のうや回収用ポンプを設置し、工場外へのさらなる流出を防止する措置も講じた。市が行った周辺の水質検査では側溝から約300メートル離れた水路で1リットル当たり0.3ミリグラムだった。
 16日夕に同社近くの別のメッキ工場からシアン化ナトリウムが流出し、市が周辺を調査していたところ見つかった。
 同社の担当者は「コンクリートにいつ亀裂が入ったのか分からない。通常は廃液を処理して流すが、機械も浸水で停電して止まってしまった。地域の方々に不安を与えて申し訳ない」と話した。
 シアン化ナトリウムは金属メッキに使われ、口に入ると呼吸困難に陥り死亡するケースがある。周辺には事業所しかなく、市は従業員らの健康調査を進めている。


関連ページ: 福島 社会

2019年10月20日日曜日


先頭に戻る