岩手のニュース

宮古第3トンネル復旧 岩手の国道45号全線再開

通行可能になった宮古第3トンネル

 台風19号による土砂崩れで一部が崩落した宮古市崎山の「宮古第3トンネル」の通行止めが21日、解除された。これにより岩手県内では国道45号の通行止めが全て解消された。
 宮古第3トンネルは二つのトンネルを長さ15メートルにわたり鉄骨製のスノーシェルターでつないだ構造。スノーシェルター部分が大量の土砂流入で崩壊した。
 東北地方整備局三陸国道事務所によると、土砂や崩れた鉄骨の撤去作業は20日までに終了した。ただ、冬場を前に新たなスノーシェルターを整備する見通しは立っていないという。
 トンネル内の土砂崩れにより国道45号は13日以降、宮古市崎山―田老間の約7キロで通行止めが続き、迂(う)回(かい)路が混み合った。


関連ページ: 岩手 社会

2019年10月21日月曜日


先頭に戻る