宮城のニュース

ドラ3津森、育成2位大関 ソフトバンクが指名あいさつ

工藤監督のサインが入ったボールを手にする東北福祉大の津森(中央)。左が福山アマスカウトチーフ、右が作山アマスカウトチーフ補佐
ソフトバンクの帽子をかぶり記念撮影に応じる仙台大の大関

 ソフトバンクからドラフト3位で指名された東北福祉大の津森宥紀投手(21)が21日、仙台市の福祉大国見キャンパスで、球団の福山龍太郎アマスカウトチーフと作山和英アマスカウトチーフ補佐から指名のあいさつを受けた。
 工藤公康監督のサインボールを受け取った津森は「プロへの実感が湧いてきた。投げっぷりの良さを見てもらいたい」とはつらつとした表情で話した。
 昨年の全日本大学選手権では先発、救援でフル回転し、福祉大の優勝に貢献した。右横手から伸びのある直球を投げ込む右腕は、セットアッパーやクローザーとしての期待がかかる。津森は「競争を勝ち抜いて、欠かせない戦力になる」と抱負を語った。
 ソフトバンクから育成2位で指名された仙台大の大関友久投手(21)も同日、仙台大で福山、作山両氏からあいさつを受けた。186センチの長身から角度のある直球を投げる左腕は「育成から1軍の戦力になっている選手が多い。自分も(ソフトバンクの)千賀投手や大竹投手のようになりたい」と意気込んだ。


2019年10月22日火曜日


先頭に戻る