広域のニュース

東北の被災地に大雨の恐れ 土砂災害に警戒を

 仙台管区気象台は21日、前線を伴った低気圧の影響で、東北地方は22日から23日にかけて大雨になる恐れがあると発表した。台風19号の被災地では地盤が緩み、少ない雨量でも土砂災害が起きる危険性があるとして警戒を呼び掛けている。
 気象台によると、日本の南を北北東に進んでいた台風20号は21日夜、四国沖で温帯低気圧になった。低気圧は前線を伴って22日朝に東海道沖に進み、23日には三陸沖に達する見通し。
 東北では22日以降、広い範囲で雨となり、22日午後6時までの24時間予想降水量は多い所で、福島県中通り・浜通り80ミリ、宮城県60ミリ、岩手県30ミリ。
 23日にかけての総雨量は、岩手、宮城、福島各県の多い所で100〜50ミリとなる見込み。宮城、福島両県では、台風19号後、初の大雨となった19日までの総雨量を上回る可能性がある。
 台風19号の被災地域では多くの河川が氾濫し、堤防が損傷した。気象台は河川の増水に警戒し、大雨に早めに備えるよう促した。
 強い台風21号も発生し、21日午後6時現在、マリアナ諸島付近を時速20キロで北西に進んだ。気象台によると、25〜26日に日本列島に近づき、東北で雨となる可能性がある。


関連ページ: 広域 社会

2019年10月22日火曜日


先頭に戻る