岩手のニュース

皇后さまの曽祖父と縁 盛岡・大ヶ生地区 「地域にとって誇らしい」

大ケ生音頭を披露して祝意を表す地元住民

 天皇陛下が即位を内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に合わせて22日、皇后さまの母方の曽祖父に当たる盛岡市出身の海軍大将山屋他人(たにん)ゆかりの同市大ケ生(おおがゆう)地区で、地元の人たちによるお祝いの式典があった。
 大ケ生地区の滝源寺は、山屋他人の先祖で安土桃山時代に一帯を治めた大萱生(おおがゆう)秀重の菩提(ぼだい)寺。地元住民ら約80人が大ケ生音頭の演舞や土俵入りの奉納、餅まきで即位を祝った。
 地元有志でつくる「大ケ生金山の里づくり実行委員会」が主催した。委員長の中虫壁(なかむしかべ)静夫さん(69)は「皇后さまは地元に縁のある方だけに、即位の宣言はビッグニュース。両陛下とも世界に羽ばたいてもらいたい」と話した。
 盛岡市の無職田屋ヨシ子さん(85)は「地域にとっても誇らしい。令和は平和な時代になってほしい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2019年10月23日水曜日


先頭に戻る