宮城のニュース

宮城県内で今夕から大雨 被災地、警戒強める

大雨に備え水路の稲わらを片付ける自衛隊員=25日午前10時30分ごろ、大崎市鹿島台大迫

 仙台管区気象台は25日、日本の南岸を北東に進む低気圧の影響で、宮城県内で25日夕方から26日にかけて大雨となる恐れがあると発表した。台風19号で被災した地域は地盤が緩み、少ない雨でも土砂災害が起きる危険性があり、警戒を呼び掛けている。(3面に関連記事)
 気象台によると、県内では25日夕方から夜遅くにかけて、1時間に40ミリの激しい雨が降る見込み。26日正午までの24時間予想降水量は多い所で150ミリとなっている。
 台風19号の被災地では、多くの河川で氾濫や堤防の決壊が発生した。気象台は「洪水の危険度が高まる恐れがあり、25日昼すぎから26日昼前にかけて、河川の増水や低い土地の浸水に警戒してほしい」と強調する。
 台風21号も日本の東を北東に進んでおり、海上では25日夜から26日朝にかけ、うねりを伴う大しけとなる見込み。26日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は東部の海上で18メートル(30メートル)、陸上で15メートル(30メートル)。波の高さは6メートル。船舶や沿岸施設に被害が出る恐れがある。台風21号は26日朝、温帯低気圧に変わる見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月25日金曜日


先頭に戻る