宮城のニュース

東北新幹線一時運転見合わせ 古川駅ホームに不審物

 25日午前10時40分ごろ、宮城県大崎市のJR古川駅の東北新幹線上りホームで、持ち主の分からないスーツケース2個が見つかり、JR東日本は東北新幹線仙台−盛岡間の上下線で一時運転を見合わせた。古川署などが安全を確認し、約50分後に運転を再開した。
 古川署などによると、スーツケース2個はホーム中央付近にあるらせん階段の手すりにチェーンでくくり付けられており、日本語などで「持っていかないでください」と書かれた紙が付いていたという。中身は衣類で、危険物はなかった。
 この影響で東北新幹線は上下計7本が最大約45分遅れ、約4270人に影響が出た。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月25日金曜日


先頭に戻る