広域のニュース

東北 大雨の恐れ 気象台、警戒呼び掛け

 仙台管区気象台は24日、低気圧や寒気の影響で西日本を中心に大気の状態が不安定になり、東北でも25日から26日にかけて大雨になる恐れがあると発表した。台風19号の被災地は地盤が緩み、少雨でも土砂災害が発生する危険性があり、警戒を呼び掛けている。
 気象台によると、東北は太平洋側の南部を中心に25日昼から26日朝にかけて、雷を伴った激しい雨が降る見込み。雨のピークは25日の夕方から夜で、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る場所がある。
 25日午後6時までの24時間予想降水量は、福島県中通り・浜通りで100ミリ、宮城県で80ミリ、岩手県30ミリ。降り始めから26日にかけての総雨量は宮城、福島の多いところで200〜100ミリ、岩手150〜100ミリの可能性がある。
 一方、非常に強い台風21号は今後も北上を続け、関東や東北の沖に進む見通し。
 気象台と東北地方整備局は24日、合同で記者会見。気象台の橋本竜主任予報官は「増水している川や用水路、崖には近づかず、農業施設などの見回りは十分注意してほしい」と指摘した。
 整備局の長田仁河川調査官は「台風の被災地は堤防の決壊箇所が十分復旧していない。氾濫による二次災害の恐れがある」と警戒を促した。


関連ページ: 広域 社会

2019年10月25日金曜日


先頭に戻る