宮城のニュース

東北で激しい雨 宮城・丸森などに避難指示

 低気圧の影響で東北は26日にかけて大雨になる恐れがあるとして、仙台管区気象台は25日、河川の増水などに警戒を呼び掛けた。台風19号の豪雨被害を受けた福島県いわき市は同日午後9時、仮復旧中だった小川町の夏井川が再び氾濫したため災害発生情報(警戒レベル5)を発令。地盤が緩んだ地域は少ない雨でも土砂災害が起きる危険性があり、宮城県丸森町が避難指示を出すなど他の自治体も相次いで避難情報を発表した。
 管区気象台などによると、26日午後6時までの24時間予想降水量は福島県浜通りで150ミリ、岩手県沿岸部と宮城県、福島県中通りで120ミリ、岩手県内陸部で80ミリ。1時間当たり30〜50ミリの雨が見込まれる。気象台は26日昼前にかけ河川の増水や低い土地への浸水に警戒するよう促した。
 宮城県内では25日、大河原町も避難指示を発令。角田、岩沼両市、仙台市青葉、太白、泉各区の一部などには避難勧告が出された。
 海上は26日にかけて、うねりを伴う大しけとなる見込み。予想される最大風速(最大瞬間風速)は宮城県東部と福島県の海上で18メートル(30メートル)。高波による船舶や沿岸施設への被害の恐れもあるという。
 一方、台風19号の影響で通行止めが続いていた三陸沿岸道歌津(宮城県南三陸町)−小泉海岸インターチェンジ(気仙沼市)間の下り線は25日に応急復旧し、全線で通行を再開した。
 東北の死者は25日現在、表の通り。宮城、岩手、福島3県で51人、行方不明者は3人。全国は共同通信の集計で死者が13都県の87人(災害関連死を含む)、行方不明者は8人。
 各省庁によると、避難所にいる住民は3772人。断水は群馬県と東京都で解消されたが、5県9680戸で続く。住宅被害は全半壊が15都県3112棟、床上浸水が17都県3万3001棟。土砂災害は20都県で661件確認された。
 東北電力によると、25日午後3時現在、停電は宮城49戸、福島21戸。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月26日土曜日


先頭に戻る