宮城のニュース

五輪聖火 来年3月20日、空自松島基地で到着式

聖火の運搬役となる(前列左から)野村さんと吉田さん。サンドウィッチマンの伊達みきおさん(後列左端)、富沢たけしさん(右端)も会見に出席した=東京都中央区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、ともに五輪3連覇の野村忠宏さん(柔道男子)と吉田沙保里さん(レスリング女子)が来年3月、五輪の聖火をギリシャから航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)まで運ぶと発表した。
 3月20日に松島基地で行われる到着式の概要も発表。聖火を格納したランタンを持って降り立つ野村さんらを石巻、東松島両市、同県女川町の小学生約200人が花道をつくって出迎える。2人はステージに登壇、聖火皿に点火する。
 都内であった記者会見で、野村さんは「宮城や日本中の出迎えを想像しただけでわくわくする」、吉田さんは「歴史的瞬間に立ち会えることをうれしく思う」と大役への抱負を語った。
 ギリシャのオリンピアで3月12日に採火された聖火は、19日にアテネで引き継がれ、全日空と日本航空が共同運航する特別輸送機「TOKYO2020号」で空輸される。会見では、聖火リレーのピクトグラムなどをあしらった特別輸送機の模型も披露された。
 東日本大震災で被災した松島基地は、復興五輪の理念から聖火到着地となった。聖火は20日の石巻市を皮切りに25日まで宮城、岩手、福島3県で「復興の火」として展示。聖火リレーは26日、福島県楢葉町・広野町のサッカー施設「Jヴィレッジ」をスタートする。


2019年10月26日土曜日


先頭に戻る