宮城のニュース

<マイナビ仙台>きょうアウェー新潟戦

新潟戦を前にした紅白戦でゴール前のこぼれ球に全力で駆け寄る三橋(右)。左手前はGK斉藤

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は26日、新潟県新発田市五十公野公園陸上競技場で、リーグ戦第17節のアウェー新潟戦に臨む。午後1時開始予定。23日は仙台市のマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場で調整し、MF三橋らが紅白戦などに取り組んだ。
 仙台は3勝4分け8敗の勝ち点13で暫定8位。前節は日体大フィールズ横浜を1−0で破り、降格圏の9位から浮上した。最終節の日テレ戦まで8日間で3試合をこなす過密日程の初戦。2戦目で当たる暫定9位長野とは勝ち点1差と肉薄している。
 新潟は5勝5分け5敗の勝ち点20で暫定6位。前節は浦和に0−1で敗れた。5戦連続で白星から遠ざかるが、元仙台のMF川村や日本代表経験のある上尾野辺、阪口の両MFら力のある選手は多い。
 前回の対戦は1−1で引き分けた。辛島監督は「点を取れる選手が多いので、守備で集中しないといけない。最低でも勝ち点1を取っていきたい」と話した。


2019年10月26日土曜日


先頭に戻る