福島のニュース

福島県知事 台風で発生の災害廃棄物処理、国に支援を要望

小泉環境相(右)に要望書を手渡す内堀知事=環境省

 内堀雅雄福島県知事は25日、台風19号で発生した災害廃棄物の広域処理に関し、受け入れ先の確保に向けた支援を小泉進次郎環境相に要望した。
 内堀知事は「広域処理の調整は環境省や市町村と連携し、一つ一つ課題を解決したい。今回は宮城や栃木なども大きな被害を受けており、隣県での受け入れ先確保が難しい。環境省の力を借りたい」と求めた。
 小泉氏は「できるだけ早く被災者の身近な場所から廃棄物が撤去されるよう全力で取り組む」と話した。
 福島県内では郡山市のごみ処理施設が浸水被害に遭って稼働できなくなり、大量の廃棄物の処分が課題となっている。知事は農林水産省や国土交通省などでも要望した。


関連ページ: 福島 政治・行政

2019年10月26日土曜日


先頭に戻る