福島のニュース

ごみの広域処理 搬出経費に補助 小泉環境相が郡山視察

家庭ごみの仮置き場を視察する小泉環境相(右から2人目)=26日、郡山市の富久山クリーンセンター

 小泉進次郎環境相は26日、台風19号で浸水被害に遭った郡山市を視察した。災害時の生活ごみや、し尿の広域処理について、搬出などどにかかる経費を災害等廃棄物処理事業費の補助金対象とすることを品川万里市長に伝えた。
 市が市内に2カ所設けているごみ処理施設のうち富久山クリーンセンターが浸水し、稼働を停止。家庭ごみの処理も追い付かなくなり、敷地内に仮置きした上で福島県浪江町と南相馬市にある環境省の仮設焼却施設へ搬出している。
 視察後の取材に、小泉氏は「災害ごみを全て処理するには時間がかかるが、宅地や道路上の身近な仮置き場から二次的な仮置き場への搬出は年内をめどに完了したい」と話した。


関連ページ: 福島 政治・行政

2019年10月27日日曜日


先頭に戻る