広域のニュース

記録的大雨 10人死亡 千葉9人、相馬で1人 宮城、福島の4河川再び氾濫

土砂が流れ込んだ住宅=26日午前8時10分ごろ、いわき市内郷宮町
記録的な大雨により浸水被害を受けた千葉県茂原市=26日午前9時35分ごろ

 台風21号や低気圧の影響による関東から東北にかけての記録的な大雨で、人的被害は26日、死者が千葉県で9人、相馬市で1人の計10人となった。同市では1人が行方不明になった。千葉県では鹿島川など15河川が氾濫し、ポンプ車による排水作業が進められた。

 相馬市では、25日夜に外出した60代女性が行方不明になった。26日朝、海岸近くで女性の遺体が見つかり、この60代女性とみて確認を急ぐ。30代息子を迎えに出たとみられ、息子とも連絡が取れず捜索している。
 千葉県では9人が亡くなり、うち4人は冠水した道路で車が水没したり、車ごと川に流されたりした。千葉市緑区では25日に土砂崩れが起き、住宅3棟が巻き込まれて全壊、60代の男女と40代女性の計3人が死亡した。
 国土交通省は今回の大雨により、台風19号で堤防が決壊した河川のうち、いわき市の夏井川など福島、宮城両県の4河川で水があふれ、浸水被害が発生したと明らかにした。いずれも土のうを積み上げる緊急復旧の作業中だった。
 交通機関の乱れも続き、JR東日本仙台支社によると、26日は線路下の盛り土が流出した影響で、常磐線の原ノ町(南相馬市)−山下(宮城県山元町)間が終日運休した。27日は始発から通常運転する予定。
 成田空港では25日夜、約3000人が一夜を明かしたほか、千葉県内では一時1800人以上が避難した。学校や校外学習先から帰宅できず、校舎などに宿泊する児童生徒も相次いだ。
 気象庁によると、相馬市では26日未明に12時間降水量が229ミリ、いわき市小名浜で187ミリとなり、半日で10月の平年値を超えた。相馬市の12時間降水量といわき市小名浜の24時間降水量は10月の観測史上最大。宮城県丸森町丸森は半日で10月の平年値に匹敵する146ミリを記録した。


関連ページ: 広域 社会

2019年10月27日日曜日


先頭に戻る