宮城のニュース

ページェントへ街頭募金始まる 仙台

ページェント開催へ協力を呼び掛ける実行委メンバーら

 仙台市中心部で12月に行われる「2019SENDAI光のページェント」に向け、実行委員会は26日、青葉区の藤崎前と仙台三越前で街頭募金活動を始めた。12月15日まで、土日祝日の午後1〜3時に2カ所で活動を行う。
 藤崎前では初日、実行委メンバーら13人がプラカードを手にイベントをアピール。買い物客らに募金への協力を呼び掛けた。高橋進伍実行委員長(39)は「今年は増税があり特に資金確保が難しい。少しでも多くご支援をお願いしたい」と話した。
 今年は12月6〜31日、仙台市中心部に約60万個の発光ダイオード(LED)電球をともす予定。実行委によると事業費は1億円余りだという。エスパル仙台やイオン仙台店など9店舗に募金箱も設置し、広く支援を呼び掛ける。


関連ページ: 宮城 社会

2019年10月29日火曜日


先頭に戻る