宮城のニュース

放射線監視装置が復旧 女川原発

 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の放射線監視装置(モニタリングポスト)の計測値が26日から伝送できなくなっていた問題で、東北電は28日、全6台の伝送機能が復旧したと発表した。
 東北電によると、6台のうち1台で28日、計測値を送るためのケーブルの芯の一部に断線が見つかった。予備の芯につなぎ替えたところ、中央制御室や原子力規制庁などへの伝送が復旧したという。東北電が引き続き原因を調べている。


2019年10月29日火曜日


先頭に戻る