宮城のニュース

<マイナビ仙台>きょうアウェー長野戦

1部残留を懸けた長野戦を前にした練習の紅白戦で中盤でボールを保持する小野(右)。左はジョーダンマラダ

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は30日、長野市の長野Uスタジアムで台風19号の影響で延期となっていたリーグ戦第15節のアウェー長野戦に臨む。午後7時開始予定。1部残留圏の8位仙台と勝ち点1差で追う9位長野との直接対決。仙台は勝てば8位以上が確定するが、引き分け以下なら11月2日の最終節の結果次第となる。
 28日は仙台市のマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場で調整。FW小野らが紅白戦などで攻守の連係を確認した。前節から複数のメンバーの入れ替えも予想される。
 仙台は3勝4分け9敗の勝ち点13。前節は新潟に1−4で完敗した。長野は3勝3分け10敗の勝ち点12。前節は日テレに1−4で屈し、3連敗を喫した。日本代表の経験があるFW横山を軸に、2部との入れ替え戦に回る9位からの脱出を目指す。
 前節から仙台は中3日、長野は中2日の試合となる。辛島監督は「(仙台の選手の)疲労感はそれほど大変ではないと思う。残留するためには勝ち点を取るしかない」と話した。


2019年10月30日水曜日


先頭に戻る