宮城のニュース

<楽天>「実感湧いた」ドラフト7位の水上へ指名あいさつ

愛敬スカウト(右)と握手する明石商高の水上捕手

 東北楽天の後関昌彦スカウト部長と愛敬尚史スカウトが30日、兵庫県明石市の明石商高を訪れ、ドラフト7位で指名した水上桂捕手(18)=172センチ、73キロ、右投げ右打ち=にあいさつした。
 水上は強肩と安定したスローイングが特長で、今年の甲子園大会でもチームを春夏4強に導き、18歳以下によるU18ワールドカップ日本代表にも選ばれた。愛敬スカウトは「今年の高校生の中で守備は1番と評価している」と話した。
 水上は「このような場を設けてもらって指名された実感が湧いた。楽天の正捕手と言えば嶋さんの印象がある。嶋さんのようにチームを引っ張れる選手になりたい」と意欲を見せた。


2019年10月31日木曜日


先頭に戻る