秋田のニュース

地上イージス再調査 防衛省が専門家会議の初会合開催

 秋田、山口両県が候補地の地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」で、防衛省は30日、再調査の技術的な助言を得るため専門家会議の初会合を開いた。秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を配備の「適地」とした調査のミスを踏まえ、再調査結果に有識者の意見を反映させる。
 委員は風間聡東北大院教授(土木・水文工学)、多気昌生首都大学東京名誉教授(環境電磁工学)、田才晃横浜国立大院教授(建築工学)の3人。非公開の会議で風間氏が座長に選ばれた。開催頻度は未定。再調査の手法に関し、委員の助言を受ける。
 高橋憲一防衛次官は冒頭、「調査データの誤りなど、極めて不適切な対応があった。再調査、検討結果の内容について手法を含め、妥当性を客観的に検証してほしい」と述べた。
 5月に公表した防衛省調査では資料に誤りが相次ぎ、秋田県側が強く反発。同省は外部の専門業者に委託し、航空測量などの再調査を始めた。期間は秋田県で6カ月半と見込まれる。


関連ページ: 秋田 社会

2019年10月31日木曜日


先頭に戻る