宮城のニュース

<楽天>秋季キャンプ 守備走塁を徹底指導 三木監督手応えつかむ

挟殺プレーの練習で走者のオコエ(左)にタッチする吉持

 東北楽天は31日、岡山県倉敷市で行っている秋季キャンプで守備や走塁に重点を置いた練習を行った。
 この日は投内連係の守備練習に多くの時間を割いた。日本ハム、ヤクルトで守備走塁コーチなどを務めた三木監督が、状況に応じた守備位置などを事細かに説明。選手の動きを見て「数をこなしていけばもっとスムーズになる」と手応えをつかんだ様子だった。
 前日のケース打撃同様、秋季キャンプでは指揮官が声を出して直接指示する場面が目立つ。「監督がやりたいことを示した方がコーチも選手に向き合いやすい」。挟殺プレーで守備の連係がうまくいかなかったり、まずい走塁があったりすれば、三木監督から即座に「そこは今話し合って解決しないといけない」などと注文が飛んだ。
 今季広島からトレードで移籍してきた下水流は、仙台市の楽天生命パーク宮城で行われた秋季練習から頭を使ったプレーを求める「三木流」の指導を受ける。「もっと賢くなっていかないといけない」と気を引き締め「守りと攻めは表裏一体。体にしっかりと染み込ませていきたい」と決意を示した。
 立正大出身の小郷は、東北楽天の野村元監督が社会人野球シダックスの監督だった時に選手だった立正大の坂田監督から、三木監督もベースとする「ID野球」を学んできた。小郷は「教わってきてことは似ている。より精度を高めないといけない」と話した。(伊藤卓哉)


2019年11月01日金曜日


先頭に戻る