広域のニュース

21年東北DCのコピー決まる 「巡るたび、出会う旅。東北」

東北DCのキャッチコピーとロゴマーク

 2021年4〜9月に東北6県で開催される大型観光宣伝「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」の推進協議会は31日、DCのキャッチコピーを「巡るたび、出会う旅。東北」に決めたと発表した。
 山形市で記者発表があり、推進協会長の小縣方樹・東北観光推進機構会長は「6県をさまざまなテーマ、ルートで周遊してもらい、旅をすればするほど奥深さを感じさせる東北を表現した」と語った。
 ロゴマークは6県の「六」をモチーフに、旅する人間の姿を象徴化。背景の日の丸と共に躍動的な東北の旅を表した。DCで初めて、訪日外国人旅行者(インバウンド)向けキャッチコピー「VISIT TOHOKU, FIND JAPAN.」も制作。固有の自然や歴史、文化、食を有する東北だからこそ、発見できる日本の魅力があるというメッセージを込めた。
 6県でのDCは旧国鉄時代の1985年以来、36年ぶり2度目。DCの期間は通常3カ月程度で、6カ月は初めてとなる。東日本大震災から10年の節目に被災地の復興を全国にアピールする。県境を越えた観光基盤づくりに取り組み、インバウンドを含めた交流人口の拡大を目指す。


関連ページ: 広域 社会

2019年11月01日金曜日


先頭に戻る