広域のニュース

炊きたて新米で宮城県産米をPR 日航がふるさとプラザで復興応援

炊きたての新米を客に勧める日航社員ら=1日、東京・池袋

 日本航空グループは1日、東京・池袋にある宮城県のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」で、県産ブランド米「だて正夢」と「ささ結」の販売をPRするイベントを実施した。東日本大震災からの復興支援の一環。
 県出身者2人を含むグループ社員8人が、炊きたての新米を来場客に振る舞った。新米4合(500円)の量り売りのほか、コメの重さを当てると玄米食専用米「金のいぶき」(450グラム)がもらえるゲームもあった。
 日航は2013年から東北応援プロジェクト「行こう!東北へ」を展開している。


関連ページ: 広域 経済

2019年11月01日金曜日


先頭に戻る