宮城のニュース

水道水検査9割超が安全宣言 宮城・丸森

 宮城県丸森町は1日、台風19号の影響で断水し、10月30日に試験通水を行った石羽浄水場から供給される2496戸の水道水について、水質検査の結果、異常はなかったと発表した。
 既に復旧した黒佐野、筆甫両浄水場が供給する762戸と合わせ、町全域(3448戸)の9割以上で飲用水の供給が完了したことになる。
 断水が続く同町五福谷地区190戸に関して、町は5日の試験通水実施に向けて工事を急いでいる。
 町の担当者は「工事の進行状況にもよるが、今月中旬までには全域に飲み水が行き渡るようにしたい」と話す。


関連ページ: 宮城 社会

2019年11月02日土曜日


先頭に戻る