青森のニュース

サバに合う地酒いかが 八戸・きょう開幕「サミット」に合わせ

鯖サミットに合わせて発売する限定の日本酒

 日本各地のサバが味わえるイベント「鯖サミット2019in八戸」が2、3日、青森県八戸市の八食センターで開かれる。開催に合わせ、観光地域づくり推進法人「VISITはちのへ」(八戸市)は2日、記念の日本酒「鯖料理に合う地酒 八戸(はづのへ)サバ嬢」を発売する。
 商品は八戸酒造(同)と共同で企画。地域活性化に取り組む女性グループ「八戸サバ嬢」にさまざまな地酒を試飲してもらい、サバ料理との相性がいい銘柄を選定した。
 瓶にはサバ嬢のイラストを描いた特製ラベルを張った。720ミリリットル入りで限定120本。JR八戸駅に隣接するユートリーなどで、2000円で販売する。
 サバ嬢の小向絵里華さん(32)は「すっきりしていてサバ本来の味を邪魔しない。冷やせばさらにおいしく飲めます」とPRする。
 VISITはちのへは2、3日、ユートリーをサミットのサテライト会場として企画を実施。限定日本酒の試飲やサバ嬢手作りのサバだし八戸せんべい汁の販売、八戸産のサバ缶全種食べ比べなどがある。


関連ページ: 青森 経済

2019年11月02日土曜日


先頭に戻る