青森のニュース

海自大湊総監部と東北電、北海道電 災害救援で連携協定

 むつ市の海上自衛隊大湊地方総監部は1日、災害時の協力体制を円滑にするため東北電力、北海道電力の2社とそれぞれ連携協定を結んだ。
 協定は、両電力会社が災害発生時に海自の救援活動の拠点になる基地や施設への電源供給を支援するほか、敷地や通信回線を提供することを盛り込んだ。海自は、両電力が災害復旧に必要になる資機材や人材の輸送を受け持つ。
 海自と各電力会社で定期的に情報共有のための会議を開くほか、共同で災害対応訓練をすることも決めた。
 締結式には酒井良大湊地方総監、原田宏哉東北電社長、藤井裕北海道電社長が出席。酒井総監は「今後の訓練を通して、協定の実効性を強化したい」と話した。原田社長は「会議、訓練を通して円滑に運用できるよう取り組む」と述べた。


関連ページ: 青森 社会

2019年11月02日土曜日


先頭に戻る